Mann’s 倶楽部 〜雷魚Game Blog〜

Fishing spirits of raigyo game
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< SNAKEHEAD SPECIAL 80H | main | ウルトラダイニーマ >>

持ち重り

ロッドの持ち重り、要するにロッドを持った際に重く感じるって事ですね。
釣りの際にはリールシートの部分を持ってロッド操作をします。
必然的にその部分がロッドの中心となる訳なのですが。
ゴツく丈夫な作りのライギョロッドはバット部分が重い。
なので持ち手部分を中心に先端が下がる格好になり。
フロッグにアクションをくわえる際に先端を上げよう上げようとして重く感じる。
ロッド自体の重量は軽くても重く感じちゃう、んで結果的に疲れちゃう。

ロッドのグリップ部分から下、ケツの方が若干重いと持った際に自然に先端が上がる。
って事はロッドワークがしやすくなる、ロッドを軽く感じる、そして疲れない。
(本来は持ち手部分を中心に前後のバランスが50:50だと一番良いのかな? っまそこは十人十色で)

ロッドバランスの非常に優れたロッドもありますが。
先日買ったSNAKEHEAD SPECIAL 80Hはバランス悪し。
って事でバランスを調整すべく、グリップ部分にオモリを組み込みました。



まずは大胆かつ慎重にグリップエンドに電動ドリルで穴を開けます。
オモリになる鉄の棒と同径の穴です。



んでこれがオモリに使用した鉄の棒、約120グラム。
穴の中に入り切って取れなくならないようにストッパーを熔接。



ゆっくり慎重に優しく挿入^^
焦りは禁物よ!



奥までインしちゃいました。



最後はオモリが取れてこないようにテープで固定。
テニスラケットのグリップに巻く滑り止めのテープ、定番ですね。
見た目はまぁどうだろって所もありますが。
自分が納得出来たら良し、使いやすければ良し。
っで、完成です非常に使いやすくなりました^^
釣り・雑記 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

お!?

早速、自分に合うように弄ってますな(笑)

やっぱ結構変わるもんですか???
単純に重さだけみれば120g重くなったって事だよね?

それでも使いやすいって事は、バランスってのはかなり重要なんだね。。。

おら、ロッドは今迄一度もいじったことないもので・・・
m@仙台 | 2009/04/21 12:45 AM
>mさん
うん、ハッキリ言って全然違います。
実際の重さは重くなるけど、感じる重さは軽く感じます。
それは使う時間が長くなるほど顕著だね。
昨年まで使ってたロッドにもオモリを付けてましたし。

簡易的にでも良いので、グリップエンドにオモリになるものを巻きつけて。
そんな感じでmさんも試してみてね〜^^
| 2009/04/21 4:29 AM
自分はヘビキャロ用の1o/zのブラスシンカーにPEラインをグリップの長さ+5cm結んで
ロッドの玉口からエンドに棒を使って押し込んでます。。

重りを取るときはラインを引っ張るだけなので簡単ですよ。。
たけし | 2009/04/22 11:11 PM
>たけしさん
皆さん色々な方法を試されてますね。
たけしさんの方法は簡単そうで良いですね。
ちなみに、キャストの際に遠心力でシンカーが動きそうですが。
その辺は大丈夫ですかな?
管理人 | 2009/04/26 4:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://manns.jugem.jp/trackback/211
この記事に対するトラックバック

Links


Profile
FREE